ペンが持てないイラストレーターはどうやって絵を描くのか

イラストレーターの又村です!
僕は筋ジストロフィーという障害があり、手はわずかしか動きません。
ペンを持つことができないので、イラストはパソコンで描いています。
しかしマウスを持つのも難しい・・・。
そんな僕がどうやって絵を描いているのか、簡単に紹介しますね。

スポンサーリンク

SmartNav 4AT

僕はパソコンで絵を描くときに「SmartNav 4AT」という装置を使っています。
頭部やその他部位を使ってカーソル操作ができるハンズフリーマウスです。
この装置は赤外線カメラのようなもので、USB接続で画面の上に設置して使います。
付属の反射シールを顔などに貼り付けると、その動きをカメラが読み取ってカーソルが動くわけです。
僕はメガネにシールを貼りました。
ちなみにクリックは、指先にある軽いスイッチで行っています。

マウスカーソルの移動は、健常者と同じくらいのレベルの速さで動かせていると思います。
ネックはキーボードが打てないこと!
文字入力はスクリーンキーボードでポチポチクリックするしかない・・・
(それでもパソコンに不慣れな方よりは速いはず。)

イラストは、Illustratorのブラシツールで描いています。
キーボードが打てないのでショートカットキーが使えません。
ペンツールだと切り替えが不便に感じるので、ブラシツールで描いた方が速い!
下書きはブラシツールでざっくりと構図と形を決めて、
線画は同じくブラシツールで、しっかり描く。
ライブペイントツールで色塗って完成!

以上、ペンが持てないイラストレーターはこうやって絵を描いてます!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「送信」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください